Life and Pages

本や映画、音楽、日々の雑感

文学キョーダイ!!

 「同志少女よ、敵を撃て」の作家さんが、高橋源一郎さんのラジオにゲストで出ていて、もう一人のゲストがロシア文学の研究者だったのだが、なんと、その方はゲスト作家の姉上だった! とホストの高橋さんもびっくりして、私もほーと思っていた。で、その二人が対談をしている本がこの本だ。

作家になった弟さんは、書く事が好きで、一生書き続けられるということで、結果的に作家になった。お姉さんは、一生本が読み続けられる仕事をしようと思っていて、ロシア文学に出会い、日本の大学に行く前にロシアの大学に行ったという方。どちらも本好きで、その発端のところは、とても共感する。

学者だった父の姿を見て育った二人は、本を読んだり、何かを研究したりする習性を幼い頃から身につけたようだ。新潟に住む祖父は戦争が大嫌いで、トルストイを愛しながら農業をしているような方。夏休みに遊びに来る孫の二人には何でも買って与えるのだが、弟くんが戦車のプラモデルが欲しいといった時は、それは許さない。本当に戦争が嫌いだからだ。それでも、弟くんは、とにかく兵器などに関心を持ち続け、今も技術の集大成として好きなのだ。だが、戦争は大嫌い。それは姉も同じだ。家族の教育がしっかりと身についている。

弟は戦争の物語を通じて反戦を訴え、姉は平和を語ることで反戦を訴えたいと思っているという。弟は雄弁に、姉は相手の言葉を聞きながら、静かに強い意志を持って。よく似ていながら、自分の好きなものを見つけて、それに取り組んでいる。キョウダイとこんなに政治や社会や歴史の話をしたことがあったろうか。普通はないだろうな。でもこの二人にとってはとても普通のことなのだろう。裏も表もなく生きているから、身内同士でも熱い議論ができるのだろう。とても刺激を受けた一冊だ。