Life and Pages

本や映画、音楽について書いています

映画 三度目の殺人

久しぶりの邦画。テレビで紹介されたのを見て、映画館に行ったのだが、なんともいえない満たされない感じが残った。殺人の前科のある男がまた殺人を犯した。毎回言うことが変わり、手に負えなくなった弁護士は、同僚の弁護士を連れてくる。裁判は戦略だと信じるその弁護士は、事件の真実には関心がなく、いかに減刑を勝ちとれるか、ということしか考えていない。しかし、男が違うことを言うたびに、裏付け調査をしてみると新たな事実がみつかり、そのことを突きつけるたびに容疑者はまた違うことを話しはじめる。真実とはなにか。減刑を望まない男にとって、弁護士の筋書きで進めることなど、どうでもいいことなのだ。
男の過去、少女に起こったこと、裁判長の権限。事実かどうかわからないこと。観る人によって違うこと。それらに直面して弁護士の自信がゆらぐ。司法の世界といえども、真実を究明することよりも効率を求める側面もあるという事実も提示され、様々な材料がそろった。どのような結末を迎えるのかと気になったが、何が一番言いたかったのか、伝わってこなかった。うーん、どうなのだろう。