Life and Pages

本や映画、音楽、日々の雑感

映画 この世界の片隅に

この前、「君の名は。」を観たときはストーリーもテンポもよくて、さらにビジュアルの力がすごいと思ったけれど、この映画はまた別の意味でビジュアルの凄さがあった。原作者の漫画のタッチは、やわらかく、パステル調で、詳細に描きこんだりはしない。けれど、主人公の女の子の心情を伝える上でとても良かったと思うし、あの時代の空気感が伝わってくるように感じた。もちろん、戦時中のことを知るはずもないのだが。それは後で知ったのだが原画のもとになった資料が精緻であることが効果を上げていたのだろう。監督のこだわりだという。一瞬映った町の描写を観て、すぐに広島だと分かった。そして呉の町の港と主人公の住む町の距離感が大砲の響き渡る音で分かったし、手書きの船で描かれた爆弾が投下されている様子は実写を見ているのと同じくらいに迫力があった。今まで観たどの戦争映画よりも、日常に降り注ぐ戦争の恐怖が描かれているように感じた。
主人公は、普通の女の子。ちょっとボーっとしているけれど。大好きな絵を描きながら毎日をすごしていたが、十八歳になり自分の意志とは関係なく嫁ぐことになる。勝手もわからず、単身、異文化ともいえる昨日まで足らんだった夫の家に入り、毎日家族のために一生懸命働いているのだが、戦争の足音がどんどん近づいてくる。ある日、義姉の子供と軍港の近くを歩いていた時、地中にあった敵機から投下された時限爆弾に、その子と自分の右手を吹き飛ばされる。その子の母親である義姉になじられ、自分もまた逃げる方法があったのに、と悔み続ける。広島の実家に帰ろうとも考える。その時、広島の空にきのこ雲が立ち上がり、その爆風は彼女の住む呉の家を揺すぶった。
淡々と描かれる日常の風景が戦争の黒い影に覆われてしまう。戦争は国と国の威信をかけた争いだったとか、戦場のヒーローがいたとか、女はひたすら待っていたとかの話しではない。普通の市民の生活を、人間のくらしを、破壊する戦争は、いかに愚かなことかを伝えていた。この映画はクラウドファンディングで作られたそうだが、大勢の人が観られるようになってよかったと思う。

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)