Life and Pages

本や映画、音楽について書いています

映画 フルメタルジャケット

ずっと観たかったキューブリック監督の映画を録画でようやく観た。タイトルは軍用の銃弾の意味だと初めて知った。アメリカの若者たちが次々と坊主頭にされていくシーンから始まり、海兵隊訓練所の過酷な日々。そしてベトナムでの戦闘が描かれている。デブと罵られた若者は、訓練所を卒業する前夜、鬼教官にフルメタルジャケット弾をお見舞いし、自らも…。時代は移り、戦地のベトナムで再会した、元訓練生仲間は敵との死闘の中で、何かが変わっていく。
公開当時に観ていたら、全然印象が違うのだろうと思うが、たくさんの戦争映画を観てきたから、それほど心は揺さぶられなかった。それよりも、弾倉を空にするほどの銃撃シーンばかりで、戦争は効率とは無縁の世界だなあと感じた。となると、予算がたくさんある方が勝つということになりはしまいか。シューティングゲームの起源にもなっているのではないか。そして、映画としての効果はよく分かるが、音楽が現実の戦争の怖さを多い隠しているように感じた。BGMのない、しーんとしたシーンが続く映画を作ったなら、日本の怪談映画のような、観る人の心をぞっとさせる映画が作れるのではないかと思った。いや、そんなリアリティは誰も望んでいないだろう。戦争したい国は、兵士となる若者をびびらせてはいけないから。

フルメタル・ジャケット [DVD]

フルメタル・ジャケット [DVD]