Life and Pages

本や映画、音楽について書いています

ささやく河

続けて伊之助のシリーズを読んだ。面白いのだ。今度の話は、島帰りの男が殺されるところから始まり、次第に20年前の押し込み強盗へとつながり、さらにその事件の陰にあった殺しが明らかになる。今回もハードボイルド小説の真髄が入っている。たった一人で、岡っ引きですらないのに、緻密な聞き込みを重ね、自分で納得するまで考え真相を手繰り寄せる探偵役の伊之助。夜陰に乗じ、匕首を繰り出す殺し屋。元悪党の大店の店主。ようやく探し出した20年前の証人の消息。こうした緻密なプロットは大好きだ。昨年読んで、設定の甘さにがっかりした、最近の日本のミステリーとはまったく違う。堪能した。

ささやく河―彫師伊之助捕物覚え (新潮文庫)

ささやく河―彫師伊之助捕物覚え (新潮文庫)