Life and Pages

本や映画、音楽について書いています

沈みゆく大国アメリカ

オバマケアの実態をまとめた本だ。オバマケアとはかなりとんでもないものだということがわかった。そして、アメリカは本当に資本主義の国で、デモクラシーの国なのだということを改めて気づかせてくれた。それに比べたら、日本は社会主義の国だと言ってもいいくらいだ。筆者はオバマプランによって、アメリカの医療現場が荒廃したことを指摘し、それは日本の未来だと結論づけている。たしかに、今の総理大臣になってから、日本はどんどん、アメリカの劣化コピーになっていると感じる。
ただ、この本は何故か読みにくい。インタビューを並列にならべ、なんども同じ言葉を繰り返す。筆者の主張が、インタビューの合間に埋もれてわかりにくい。そこが少し残念だ。