Life and Pages

本や映画、音楽について書いています

ゼロ

ホリエモンが、まじめに書いたメッセージだ。とても素直で、とてもまっすぐで、普通のひとなのだと思う。もっとも、今時、適当でない人だということは、普通ではないことかもしれないが。いくつもの、まっすぐな言葉が書いてある。まとめて言うと、やりたいことはすべてやる。一歩一歩、前進する。集中して取り組む。生を充実させるために働く。自分の時間を生きるために考えて工夫する。情報を得て、未来を知る。そんなことだろうか。
すぐにコツを教えて、と口癖のように問いかける人が多いが、ゼロを一にするためには地道な足し算しかない、というのは、真実だと思う。橋本治も「僕は地を行く」と言って、地道に、しかし圧倒的な量の知識によって、時代を俯瞰していく。
頭のいい人たち、成功した人たちを天才だからとか、自分とは違うからといって、彼らのしてきたことを正確に見ようとしないのは、その地道さをまねできない(したくない)からだと思う。地道な努力の先に成功があるかもしれない、と知るのは、一般人にとって福音だと思う。さあ早く自分の脚で歩きだそうと思う。