Life and Pages

本や映画、音楽について書いています

いねむり先生

テレビ放映を先に観てから、この本を読んだ。色川さんは素敵な人だったんだなあ。トトロとか妖精とか、その手の存在感だったのだろう。みんなに好かれて。その不思議な存在感の人物とのことをあざとくならずに、空気や気配を絡め取って文章にしたためる力量はすごい。内田百輭を思い出させる。色川さんと伊集院さんと、二人の本がもっと読みたくなった。古本屋で探してみようと思う。その方が出会い方として正しいように感じる。

いねむり先生 (集英社文庫)

いねむり先生 (集英社文庫)