Life and Pages

本や映画、音楽、日々の雑感

献灯使

ドイツ在住でドイツ語で小説を書いている多和田葉子さんの小説。この本は日本語で書かれ、英訳版が広く読まれているという。義郎という老人が、無名という名の小学生と二人で仮設住宅で暮らす。この二人はおじいさんと孫という関係ではない。曾おじいさんと曾孫なのだ。舞台は未来の(すぐ先かもしれない)日本。大災厄に見舞われた後、日本は鎖国政策をとることにした。外来語は禁止され、鎖国以降に育った子供たちはそもそも外国語(外来語)を知らない。老人たちはみな、不死であるかのように元気で動き回る。義郎は107歳になる。子供たちはみな、ひ弱で食事をすることも歩くこともままならない。無名は15歳の時には車椅子を使うようになる。無名は献灯使に選ばれるのだが・・・。

多和田さんは東日本大震災のあと、福島に何度か訪れた。そのときに見た日本は「私が長年ベルリンから見て感じていた姿だった」という。元気な年寄りと繊細なこども。たしかに、この小説で描かれる人々は、フィクションとは言え、現代の日本の老人の姿のどこか一部を引っ張ったり、こどもたちの一面を拡大しただけといえなくもない。現代小説の中に、現実と似た風景を見ることはよくあることだが、近未来SFとも、ディストピアともいえる小説の中に、今の日本の風景のかけらが散乱して乱反射している。

自分自身も、どこかおかしい、このままじゃいけない、と思いながら年月を過ごしてどのくらい経っただろう。政府御用達メディアばかりになっている今、小説の力、役割をあらためて考えた。

献灯使 (講談社文庫)

献灯使 (講談社文庫)

 

 

むかしむかしあるところに、死体がありました。

 日本人なら誰もがよく知る昔話の登場人物や枠組みを使って、視点をずらし、妄想を膨らませ、突っ込みを入れて、ミステリー仕立てにした短編集。一寸法師、花咲かじいさん、鶴の恩返し、浦島太郎、桃太郎のお話の中になぜか死体が発見される。そこからいつもの物語が脱線し始め、アガサ・クリスティ風謎解きミステリーになっていく。そして「なるほど、そう来たか」と思っている間にあっという間に完結する、うまい構成だ。嫌いじゃない。わたしはkindleで読んだが、表紙のイラストが見られるカミの本の方がこの世界観をより楽しめたに違いない。

2013年に、親を殺された、子どもの鬼の視点から「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。」というキャッチフレーズをつけた新聞広告が大賞を取ったことを思い出した。視点を変えよう、という趣旨の広告だったと思うが、そうした発想の転換が共通の認識として広まった成果なのかなとも思えた。

むかしむかしあるところに、死体がありました。

むかしむかしあるところに、死体がありました。

 

 

映画 スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け

一年ぶりのスター・ウォーズ。楽しみな反面、これで最後かとすこし切ない想いで席に着いた。IMAX 3Dのメガネをかける。最初は違和感があったが、いつの間にか気にならなくなっていた。映画はとても楽しめた。あれだけのシリーズの中でいろいろとあった伏線を見事に回収し、くるりと円を描くように物語は見事に着地した。懐かしいキャラクターに出会えた。今回も仲間も失った。切ない別れもあった。それでも確かな希望があった。エンドロールが終わり、拍手が起こった。

これは本当に映画館で観るべき映画だ。画面が大きいとか、3Dだからとかではなく、非日常の空間で人生の真理に一人で向き合う映画だからだ。近頃、宗教のことをいろいろと考えていたが、君はスター・ウォーズ教なのか、と聞かれたたなら、はい、と言いたい。このシリーズを観るたびに、いつもいろいろなことを考えさせられる。

この映画にはたくさんの物語が凝縮されている。武士道の要素はもちろん、シェイクスピアも聖書の物語も。欧米人はもっと多くの物語をその下敷きとして認めるのではないだろうか。

最初のスター・ウォーズを観たとき、宇宙の様々な生物が作り物っぽいのが気になったことを、今日、映画を観ながら思いだした。それも含めてすべてが愛おしい。今度は、物語の時系列に従って、見直してみようと思う。

https://starwars.disney.co.jp/movie/skywalker.html

映画 十戒

聖書の勉強会に出たせいで、聖書関連の勉強が続いている。録画してあった十戒を観た。私が生まれる前の1957年の作品で、小学生くらいの時にテレビで観た覚えがある。淀川さんの解説だったような。でも覚えていたのは、海が割れるシーンと石版を持って立っているモーゼの姿くらいだった。今回は旧約聖書を読んで、この映画を観たのでようやく物語がつながった。

この映画で描かれているのは、神を信じない人間の愚かさだ。エジプトの奴隷となっているヘブライ人は、神の存在を信じたいと願っているが、もうすでに400年間も同じ境遇にいる。神の存在を疑う人が出てきても仕方がないと思える年月だ。それでも信じている人がいることが凄い。信じる力の凄さだ(これは神の凄さではなく、人間の凄さではないだろうか)。その一方で、エジプトの王は、自分は神の国に入れると信じている。独裁統治をし、膨大な数の奴隷を酷使することで、都市を造り偶像を作り、後世から見たらまさに偉業としか言えないほどの成果物を完成させる。しかし王は本物の神の力を何度も見せつけられてもモーゼの神を信じなかったが、息子が死に、兵士が海の藻屑となってから、ようやく神の存在を信じるようになる。正確には、自分の信じる神とは違う、別の神の存在を信じたのであって、多神教であることには変わりがない。

モーゼもまた神を信じていたものの、神と対話をしたのは、苦難の人生を送り、さんざんに待たされてからのこと。その存在を疑うことはなかったが、なぜ400年も持たなければならなかったのか、と当然の疑問を神にぶつける。が、それには答えてもらえない。神を信じる者にとって、神の教えを守って生きていくことは幸せなのだと思う。しかし、その神を信じることができないからといって、殺されてしまうのはどう考えればいいのだろう。すべての人にとっての神だとモーゼは言うが、そこには選民思想がある。「言うことを聞かないものの命はない」ということに関して言えば、人間の立場は王の奴隷だった時となんら変わらない。人間は好き放題生きるべきだというつもりもないが、対話する関係ではなく、預言者を通じて言葉を伝えるという一方通行のコミュニケーションだけなのは、独裁政治のヒエラルキーと同じ構造ではないか。バベルの塔のエピソードはこの映画では描かれていないが、もしかしたら、対話する力こそが人間の一番の能力なのかもしれないと思った。

途中で、モーゼのことをラムセスに総督が告げ口するのだが、「プリンスと呼ばれた男」と言う。歌手のプリンスが、プリンスという名前を辞めて、そのように自分のことを言っていたことを思い出した。聖書の知識がある人は、きっとそうした背景も想起したんだろうなと思う。

マンガ聖書物語 旧約編

物語としてはこちらの大河ドラマぶれがなかなかすごい。それでも、全編を通して語っていることは、愚直にわたし=神を信じなさい、ということ。他の神は邪教で、またしても、邪教の信者は神の不思議な力によって、殺すことをいとわない。こざかしい考えで、浅はかなことをするなよ、というメッセージはわかるが、いつ、何をすればいいのかまでも神が預言者を通じて教えてくれるのを待たなければいけない。それが本当に人間として生まれてきたことの意味なのだろうか。神を信じていれば、それでいいのだと言われて、信者になる人たちは、私のような凡人とは人生に対する考え方が根本的に違うのだと思う。

マンガ 聖書物語〈旧約篇〉 (講談社+α文庫)

マンガ 聖書物語〈旧約篇〉 (講談社+α文庫)

 

 

マンガ聖書物語 新約編

西洋文化を知るために時々読み返す本だ。いつもは大きな流れを理解するだけで、細かなことは覚えきれないのだが、今回は気になるところがあった。それは、イエスが無実の罪で糾弾され磔刑で殺されてから、その弟子たちが各地で伝道をする際、民衆たちは「罪人の教えだ」といって非難しているところ。民衆は、どんな経緯で罪を負わされたのかなどは考えない。王権力に逆らったことが悪いことなのだ。どちらが正しいかと立ち止まって考えない。これは現代も変わっていないことだなと感じた。多くの人間は自分では考えないのだ。それともう一点。神の教えを信じない人たちは、あっさりと殺されている。それが神の不思議な力によってだとしても。異教徒を殺すことはそれほど悪いことだとは考えないのだろう。

マンガ聖書物語<新約篇> (講談社+α文庫)

マンガ聖書物語<新約篇> (講談社+α文庫)

 

 

この英語、訳せない!

翻訳家の越前さんの本。日本人なら必ず間違う英語とかの本も書いていらっしゃる方で、ダン・ブラウンのシリーズを翻訳されている方というほうがわかる人が多いかもしれない。英語と日本語は構造が違うので、文章の単位で考えると、まったく等価の意味合いを持つように訳す事はできない。近頃は、英語で描写されている「絵」を思い浮かべ、その絵を日本語で訳すことが翻訳だ、という言い方をする場合もある。日本語読者の頭の中に、英語の読者が思い描いていた絵と同じ絵が浮かぶように翻訳する、ということだ。理屈はわかる。が、なかなか難しい。この本の帯に書いてあるみたいに、「head」=「頭」ですまないことの方が多いかも。顔とか首という日本語の方が近いことが多い。そんな例を紹介している本だ。

この本で紹介している英語には、私が翻訳する時にも悩んだことのある単語がいくつもあった。それでも、文脈が違えば日本語表現は変わるから、この本を辞書のように使うことはできない。翻訳というものは、一筋縄ではいかないよ、ということなのだ。わかっているけどね。それでも時々、このようにまとまっていくつもの例を読むのは面白い。

この英語、訳せない!  headは頭?顔?首?

この英語、訳せない! headは頭?顔?首?