Life and Pages

本や映画、音楽、日々の雑感

僕のなかの壊れていない部分

読書会のためにこの作者の作品をはじめて読んだ。読者は主人公の思考とともに、この本を読み進めていくことになるのだが、私は、この主人公に共感できぬまま、最後のページまでたどり着いてしまい、どこにも持って行き場のない思いがたまり、それをどうしたものかと考えあぐねている。

主人公は29歳の大手出版社に勤める編集者で、二歳のときに母に捨てられたという幼い頃の記憶がトラウマとなって、生きることに意味を見いだせないでいる。彼は同じような思いをもつ若者に自分のアパートの部屋を開放する一方で、3人の女性と同時につきあっている。一人からはお金をもらって性の相手となり、一人は小学生の息子を持つシングルマザー、そして3歳年下のスタイリストの彼女。主人公は相手の気持ちを考えたりはせず、自分の考えだけに従おうとしているので、結婚などは考えてもいないし、相手の思うように振る舞うのもいやだ。物語の途中で、一度は自分を捨てた母親が病死し、その葬儀から一週間も経たないうちに、年下の彼女の実家へ泊まりに行き、相手の両親の考えや言葉に反発して、夜のうちにその家を飛び出す。

誰もがいびつな世界観を通して、この世を眺めているのは事実であって、それを否定する気はない。しかし、この主人公は、自分の言葉に責任を持つといいながら、その言葉が相手に及ぼす影響については、まったく考慮していないし、自殺や死については分析的に考えようとしているわりには、「平凡な幸福は欲しくない」などと、とても曖昧な言葉遣いで物事を定義しようとする。記憶力がよく、東大出の秀才の編集者という設定なのだが、独りよがりの青臭い書生のように感じた。

 

僕のなかの壊れていない部分 (光文社文庫)

僕のなかの壊れていない部分 (光文社文庫)

 

 

発想力 「0から1」を生み出す15の方法

久しぶりに学長の本を読む。一度聞いたことがあることばかりのはずなのだが、リマインドされて気持ちが引き締められる。難しいことをわかりやすく説明することが本当に上手い。そして、引用している例が最新データと面白いエピソードで、なんとかパクれるチャンスはないかと考えてしまう。たまたま今日はご本人に会う機会が会って、学ぶことの重要性を再認識した。がんばろう。

・戦略的自由度

アービトラージ

・ニュー・コンビネーション

・固定費に対する貢献

・デジタル大陸時代の発想

・早送りの発想

・空いているものを有効利用する発想

・中間地点の発想

・RTOCS/他人の立場に立つ発想

・すべてが意味することは何?

・構想

・感情移入

・どんぶりとセグメンテーション

・時間軸をずらす

・横展開

 

 

TV総集編 半分、青い。

話題のドラマだったが観たことがなかった。で、年末の総集編を録画しておいて、ようやく観ることができた。というのも、奥歯を抜いてきたせいで、ずきずきと痛みがあり、集中力が続かないので、予定を放棄して、録画鑑賞にはしることにした。

案外面白かった。朝の連続テレビドラマであるから、きっとハッピーエンドだと思っていて、まあ、その通りだったのだが、設定、キャラクター、エピソードが少女マンガのようにわかりやすくて派手で、今時のドラマはわかりやすさがキーワードなのだと再認識した。そして、豪華俳優陣を揃えたこと。大河ドラマもそうだけれど、それほどドラマ好きでもない私でも知っている顔ぶれが勢揃いしていて、力の入れ方がよくわかる。これが二つ目のヒットのためのキーワードだ。

それでも、ドラマを観ながら自分のことを重ね合わせる場面もあり、こんなやつはいねえよと思いながらもこれはこうあって欲しいという作者の願いが込められているのだなととか、いろいろ考えながら観ていた。現実的ではない妄想要素を入れることが、3番目のキーワードだ。緻密さはないが、上手にいろいろな要素を盛り込んだドラマで、評判になった理由もわかった。

www.nhk.or.jp

TV NHKスペシャル「女7人おひとりさま みんなで一緒に暮らしたら」

年末に録画した番組を観た。71歳から83歳の女性たち7人が同じマンションにそれぞれ一人ずつ暮らし、時々集まって話したり、緊急時はSOSコールをしあう仲で、個を尊重しながらゆるい共生を続けて10年経ったという。結婚したことがある人もそうでない人もいるが、みんなアナウンサー、コピーライター、カウンセラー、大手企業広報など、ずっと仕事をしてきたということが共通点だ。10年経って、お一人は病気になり、今はリハビリ施設で暮らす。一つの理想の暮らしに思えたが、コミュニティのメンバーが年齢を重ねるにつれて体力気力に衰えが見えはじめ、変化の兆しが現れてきた。

実はこうしたコミュニティのアイディアを初めて聞いたのは30年以上前、大学に通っていた頃だ。日本文学の教授が自立した女性同士の共同生活を始めようと思っていると言っていたのだ。それ以来、そのアイディアのことはずっと頭の片隅にあった。

このコミュニティがうまくいってくれることを願いながら、いつかこの続編を番組にしてほしい。

語学力ゼロで8ヵ国語翻訳できるナゾ

 

 

 

この人が書いていることは明解だ。「翻訳とは『ある言語で表現された文章を他の言語で表現する』行為の総称であって、それ以上でもそれ以下でもない。」としていて、そのためにどうするかということを柔軟に考えて実行する。英語力とは何かについてもあいまいなままにせず、明解に答えてくれる。問題解決型思考の実践者である。

映画 エリック・クラプトン─12小節の人生─

クラプトンの半生を写真やDVDやコンサート映像やTV番組など少ない素材をなんとか繋げて、激動の人生を綴った映画だ。日本にはあまり報じられていない、家にこもってドラッグ浸けの生活をしていた4年の日々や、その後の泥酔しながらコンサートをしては失言を繰り返す時代も描かれていた。そして、最愛の息子の死とそこからアンプラングドを経て立ち直るまでの日々もについても描かれていた。よく生き残ったなあと思う。

母親の愛を知らず、その愛を必死で求めたが、しだいに他人を信じられなくなり、ドラッグと酒に溺れていく。一番上手いミュージシャンを集めて結成した理想のバンド、クリームはアグレッシブだっただけで、デレクアンドドミノスの方が良かったと言う。ジョージの妻に横恋慕して、一緒になったパティとは、自分のものになったとたんに、二人の仲はうまくいかなくなる。理想を描いていた自分のイメージが現実をはるかに超越したものになっているのだろうか。

しかし音楽に対する愛情は本物だった。常に新しい音楽を求めて進化していくクラプトン。その音楽の才能に嫉妬した神様が、彼の運命にいたずらをしたのかもしれない。

ミック・ジャガージョージ・ハリスンジョン・レノンキース・リチャーズB.B.キングなど懐かしいスターの顔ぶれをみるだけでも楽しい映画だった。

ericclaptonmovie.jp

対談 小説を書くということ。

webの記事なのだけれど、しかも昨年読んでいる記事なのだけれど、このタイミングでこの記事を読んだみとについて、記録をしておこうと思った。

例えば輪廻転生のお話でも、
輪廻転生を徹底的にリアリズムで書いていったら、
ないことになります。
だけど「あったらいいだろうな」という心があって、
「ない」ことを証明する部分を
書かなかったらどうなるか。
上手に小骨を抜くように、
レリーフを浮きあがらせたら、
輪廻転生があるような世界が見えてくるわけですよ。

この話は凄いなと思った。わたしは現実と異次元がすっとつながっているような話が好きだ。村上春樹とか、内田百閒とか。そうした小説を書きたいとも思っているのだが、こんなふうにそのやり口を書かれてしまった。これは糸井さんの発言だ。

ところが、
「なかったものを見つけたい人」というのは、
世の中にそんなにいない。
パリに行けばエッフェル塔を見て
「来てよかった」と思う人が多数であるように。

作家佐藤正午を評して、糸井重里はこういうのである。わたしもなかったものを見つけたい一派にぜひとも参加したい。

最近思ったんですけど、
ぼくは書くことより書き直すほうが
だんぜん得意なんです。

佐藤正午はこう言い切る。わたしもコピーライターという職業をしてきたので、書き直すとこは好きだが、こんなにまっすぐ得意と言い切れるだろうか。

ぼくはいちど書きあげたものを、
「読者」として読んで、
気に入らない部分を書き直したりして
楽しんでいるのかもしれないです。

作家というものの真実を垣間見た気がした。

www.1101.com